コスタリカ

駆け抜ける予定だった南米も結局3ヶ月半いてしまい現在は自然の宝庫コスタリカです。

まーその前に大好きなボゴタを抜け中米最初の国Panama。

Panama何もない!

中米のシンガポールと言われるだけあり高層ビル群

「都会」

お金持ちの香りプンプン

やたらと多い欧州高級車!

人は優しかったが何か面白みのない国だった。


20170607224215428.jpg

パナマ運河

船が来なけりゃただの河。
海に面した都市なのに刺身がマズイ(笑)

以上パナマリポートでしたWWW


いざコスタリカへ

とっても平和な国です。
首都のサンホセは高所にあるため過ごしやすい天気。

20170607224225104.jpg

有名な国立劇場は想像以上にちーちゃいWW
しかし、この国立劇場を守る為サンホセでは戦争が起きないと言われているらしい。

市民の誇りなのね。


そんなサンホセではユースケ氏と再会(先日別れたばかりなのに!)
一緒に自然巡りです。



まずはマヌエル・アントニオ国立公園

誰が一番最初に動物を見つけるか勝負!
自分勝手なルールを適用し大人気ない国立公園めぐりスタートです。



20170607224247144.jpg


20170607224253871.jpg

こんな猿をみると昔ヒットした「アウト・ブレイク」って映画思い出す。

可愛い猿だったが時折見せる威嚇顔はなかなか迫力あった。


20170607224302525.jpg

ナマケモノ発見!って、自力で見つけた訳ではないが人生初の生ナマケモノ!
想像していた以上に高い木のトップにいた。
素人が見つけるのは困難と思われる!
一瞬目を離しただけで見失う程自然と同化。
国立公園行く人は望遠鏡の持ち込みをお勧めする。



20170607224316375.jpg

ラ・フォルトゥナの街へ移動し「フォルトゥナの滝」へ
こんな大きい滝の近くまで行かせてくれる場所日本になかなか無いな。
想像以上の爆風と流れ。

自然のパワー注入です。


20170607224323687.jpg

コスタリカの高級リゾート「タバコン温泉」の源流

タバコン温泉は日帰り入浴で5000円以上しますが、

ここは無料です。

ただの川が温泉なんです。

冷たい川と途中混ざり合い良い湯加減。

何度も言いますが高級リゾートと同じ湯が無料!!


しかーし入浴後の海パンはしっかり洗いましょうっ

温泉成分のせいか洗剤でしっかり洗わないと面白い悪臭するので要注意(笑)


フォルトゥナの街へ来た一番の目的

「Rio celeste」へ

なにやら世界一美しい滝に選ばれたそうな。
(すべてユースケ氏が調べてくれたんだけど)

レンタカーを借り行った初日は公園の入り口で

「今日は綺麗に見れない」

と言われてUターン、前日の雨で水質が悪いらしい。

雨期のコスタリカだからしゃーないな。


20170607224408908.jpg

翌日の再挑戦大成功



目に優しい公園内。
ほぼ緑一色の世界~
木々は細かい苔に被われ沢山の水分を蓄えていた。


20170607224346758.jpg

そんな森を抜け下った先にはブルーに輝く美しい滝。
滝マニアではないが今のところ人生一であることは間違いないっ

20170607224334463.jpg

滝とユースケ氏

この滝はコースが簡単なのでコスタリカ来る人は是非。

ビーサンやローファーで歩いている人いたな(笑)

もちろん、トレッキングブーツで行くことをお勧めする。

首都ボゴタ

お久しぶりです

コロンビアの首都ボゴタに滞在していました。

感想 結論から言うと


ボゴタ「好き」です、いや「大好き」です。

20170527171947775.jpg


元々3日程滞在して他の街へ移動予定だったボゴタ。
ネットで検索しても特に楽しい情報がある訳でも無く・・・
しかし結局9泊もしてしまった。

元々「普通の生活を体験」を旅の目的の一つにしている我が夫婦には空気が合ったようです。

今回旅したコロンビアの都市全体に言えるが「人が良い」みんな優しいです!
相変わらずスペイン語はチンプンカンプンなんですが、コロンビアの人は優しく分かってもらおうと努力してくれる人が多いと感じましたね。
(それでも分からんけどWW)

また、旅してて重要なんだけど、ぼったくろう空気の人がいません笑

まだまだ表面しか知ることができなかったが住んでみたいと思う国だった。


そんなコロンビアの首都ボゴタ滞在を振り返る

ひたすら地元の生活を研究してました!

20170526210355060.jpg

20170526210402343.jpg

ここ数年ボゴタにはラーメン屋が増えてるそうです。
評判の「ともだち」

感想 おしいっ 麺がダーメダーメ!
伸びしろ大のお店。

ここで出会った人がカリには韮があると言っていたね!


20170526210849429.jpg

久ぶりの生に興奮! ボゴタは普通にありました。
南米の生は本当に貴重なんです。


20170526211010866.jpg

20170526211019598.jpg

リマで出会ったミホちゃんとボゴタで道民会です。
コロンビアで宅飲み。

20170526211358373.jpg

またまたゆーすけ氏と再会
汐見荘から始まり南米4カ所目!
縁ありますなー。

20170526211533819.jpg

そしてオジサン2人が酔っぱらうと夜中の公園でこーなります笑
平和だよなボゴタ。
もちろん旧市街より南の危ない地域もあると思うが、今回私達が泊まったzonaT(ボゴダの六本木)や93公園周辺は噂通り安全であった。
スーパーに大関が売っているもの嬉しい。


真面目な話、コロンビアは伸びるエネルギーが国にも人にも多く感じる場所だね。

あー良い国や。

誰かこの国で餃子屋やらんかな~。

あっメデジンよりもボゴタの方が美人多かったよwww

誰が言ったか美人大国

ネット環境の良くない場所にいたため久しぶりの更新です。

南米コロンビアにきています。
最初に寄った都市メデジンとカルタヘナの事を少々


コロンビア=危ない国、マフィアにゲリラetc

旅行を始めた当初は行く気のなかった国コロンビア

それがどうでしょー南米来て会う人皆が、絶対行った方が良いと言う。
口を揃えて平和・物価安い・楽しい・美人多い!とっ

日本にいた時イメージしたコロンビアとは実際違うようだ。

そんな訳で楽しみにしていたコロンビア入国です。

まずはメデジンから。


20170516113826874.jpg


なんと噂に聞いていた最高の日本人宿シュハリが現在お客とってないと情報。
そもそもメデジン行くのもシュハリが楽しみだったわけで!
まー気持ちを入れ替え散策です。

メデジン・コロンビア第2の都市。
メデジンカルテルの本拠地です。(今はないらしい)

「恐ろしやー」

しかし現在はとってもナイスな街に変身しております、警戒度は通常の南米レベル。

確かにセントロは夜歩けない雰囲気プンプン!
実際昼間っから白色のお粉を鼻にちゅーちゅーしてる人いましたから警戒は必要!
観光地の美術館などは警官も立ってるし観光客も多いのでカメラ出しても平気な雰囲気だった。

噂の美人探索
中南米の美人国家を3Cと言うらしい

コスタリカ
チリ
コロンビア

ネット情報だとコロンビアはメデジンに美人が多いとのこと。
美人だらけと書いてるブログもっ!

楽しみーと思っていたが

ん?
ん?

「いないぞ美人!」

期待しすぎたかっ
確かに男女共に平均身長は伸びてます。
早々に美人探索は終了です笑

メデジンはまずアジア人見ないね。

ワタシみたいに「ヒョロマツ・ボブカット・黒縁めがね」のアジア人は相当珍しいんでしょう。
ジロジロ見られてはいるのを奥さんが報告してきます。
振り返ってずっと見ている人もいるそうな(狙われているのか?)
ちなみに親日家が多いようです。

20170516114508571.jpg

地元の高校生に囲まれました。
日本のイメージは良いようですね。


20170516114722155.jpg

メデジンからローカルバスで2時間程の有名な一枚岩

「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」

急な階段を700段登っていきます

20170516114828647.jpg

頂上からは素敵な風景が!

20170516114819399.jpg

岩ちかくのグアタペの街。

南米によくある派手な街
ブエノスアイレス・ボカ地区より見応えあった。
平和でのんびりとした街


メデジンからカルタヘナへ

城壁にかこなれた世界遺産街、コロンビアでは有名な観光の街。

カリブ海面しているからまーあちー!
メデジンとは若干人種の構成も変わったね。

20170516115532347.jpg

20170516115449512.jpg

特に見応えの薄い城跡WW

20170516125638063.jpg

おばちゃんは一緒に写真とってあげるって言ってきて、ちゃっかりお金請求してきます。笑


20170516115441821.jpg

ラーメンあったから注文してみたらインスタント笑
インスタントラーメンパターン南米3軒目WW

20170516125917989.jpg

見よタコの握り!
薫製のタコみたいだった笑

変な写真しかアップしてないがカルタヘナは食べ物美味しいですよ
城壁の中であれば夜歩いても危ない感じはなかった。

あと何が良いって生ビールのお店があること!


今のところ思う

コロンビアいーどー!

しかし警戒は十分にっ

そして無事ボゴタ到着しました。