HIRO(SAN)とTATSUとワタシ

どーも オンタイムではカナダのケベックシティーにいるsodaです。
先日旅を始めて1年が無事経過しました。

メキシコ編第1弾 カンクン&メリダ

部屋とYシャツとわたし、ならぬHIRO(SAN)とTATSUとワタシ。

キューバを後にした我が夫婦はメキシコのカンクンへリターン!
キューバを挟んで前後約2週間いたカンクンは日本人宿ロサス7。

そこではキューバを一足先に出国したHIROさんがお酒片手に待ってる訳です。
何日ヒロさんと過ごした事か笑

ヒロさん

そんなカンクン生活の再スタート!!

そこへヒロさんにサプライズ
メキシコでサッカー武者修行中TATSU事たつぼう登場!

たつぼう

キューバ滞在中、彼から急遽南米のチームに行くことになったので最後にメキシコで会いたいと連絡があり、わざわざカンクンまで飛んできた熱い男!!

そんな珍?メンバー(出会いはグアテマラ)でのカンクン滞在。
彼はさすがプロだね、猛暑のカンクンでアホみたいに毎日走っていた。

↓↓カンクンビーチでも↓↓

ちなみに私は2本ダッシュしてギブアップ、彼は25本!!
てか待ってるの面倒なので25本でやめてもらった笑



サッカー繋がりで隣のローカル家族とパシャリ

カンクン

私たちは老舗日本人宿ロサス7(ロサス・シエテ)に泊まったんだが、ここの宿も個性的な変態の集う宿でした。
まーそもそもリゾート目的でカンクン来るタイプは高級なホテルゾーンいってるかっ!笑

ダウンタウンにある宿だがバスはダイレクト(12ペソ)でホテルゾーンまで行けるから便利。
ダウンタウンでホテル代うかせて他に使うのもありかと!

話は戻り、極暑のカンクン。
昼間は本当外歩くの嫌になります、洗濯物は一瞬で乾くので助かりましたがっ。

重い腰をあげ皆でコパン遺跡とトゥルム遺跡の激安ツアーへ

~コパン遺跡~

有名なピラミッドがある遺跡、ゲートからメインの遺跡まで距離がある為アダルトチームはチャリをレンタル。
たつぼうはトレーニングを兼ね並走。 



到着したピラミッドは予想以上に急坂!
そして皆同じ場所を上るので石が磨かれツルツル。

熱いからってビーサンで行くと危険。

コパン遺跡

上からの景色がこれっ

コパン遺跡

格安ツアーの為滞在時間短め、急いでトゥルム遺跡へ

トゥルム遺跡

トゥルム遺跡

暑さと時間の短さのでトゥルム遺跡はほとんど記憶になしっww
ビーチも有名なんだが風でクローズ。

あー残念!

気を取り直し、後日おもーーーーーい腰を再度上げ有名なグランセノーテへ

まー綺麗。

そして、まーよく潜るせいちゃん

グランセノーテ
グランセノーテ

写真では伝わりずらいが素晴らしい透明度

グランセノーテ

グランセノーテ

私たちはメジャーなグランセノーテへいったが、まだまだ、これ以上に綺麗なセノーテがあるみたいなのでお勧めします。
ちなみにグランセノーテは8時15分開門、10時位には水が濁るで朝一で行ってね。

後ろ髪ひかれつつもHIROさんをロサスに残して我が夫婦は次の目的地メリダへ。
何故か、たつぼうも合わせたようにチェックアウト!

寂しがり屋かっ

南米でがんばれ!たつぼう

IMG_7771.jpg

カンクン番外編

キューバ渡航前のロサスで仲良くなったコーちゃんが誕生日だったので、急遽コンビニで買ったパンケーキにローソクなかったから爪楊枝に火つけてサプライスな祝福
多分うれしくて、その夜は枕を濡らしたと思う!

カンクン


~メリダ~

メリダ

意外と都会なメリダ、チェチェン遺跡の経由地ってだけで特に何もない都市。

うちらが此処を選んだ理由も目的があるわけででくサンクリへ直接行くとバス長いから途中の街で、ワンクッション置こうと決め地図上めに入った都市と言うだけ。

んーたしかに何もない街。

しかーーーし住んでみたい場所探しをテーマにしている我が夫婦には意外と好きな街。

何もないけど笑

メリダは毎日どこかでお祭りをやっている。

伝統衣装とダンスが何かキュート。
歌詞はわからなかったが多分、女性が男性をおもしろく翻弄している感じ。

メリダ

若い男性と踊りマダムもうっとり
メリダ

意外や意外レストランのレベル高し!

これ我が夫婦にとって重要。

人生でTOP3に入るカルボナーラ

『oliva enoteca』

うましっ

メリダ

ここ以外にも美味しいレストラン多かった。

ちなみにTOP1のカルボナーラは・・・・・・

直接聞いてWW

まったく期待していなかったメリダ。

北のエリアは夜中歩いていても危険な感じはなく平和で素敵な街だった。


何か長々と書いたがメキシコ第1弾おーしまい

次はサンクリ編 かなっ

チャオチャオ!





サンチアゴ&トリニダー キューバその3 さらばキューバ

なかなかblogが追いつかない今日この頃

オンタイムではメキシコのカンクン空港にいます。
これからカナダへ

キューバその3(最後)


ビーチリゾートのバラデロを後にした我ら一行

目指すはサンチアゴ・デ・クーバ

バラデロの2日目から謎の高熱におかされたワタシ!
39度ごえ。

風邪か?と思うが何か違う。


そん中の長距離移動。

キューバの長距離バスの車内はクーラーで極寒です。

ローカル達は半袖短パンでぐーすか寝てますがね。



~サンチアゴ・デ・クーバ~

キューバ第2の都市

正直この街の思い出は鮮明でない、高熱のせいだ!

20171017220830317.jpg

久しぶりの食事はカンクンで調達したそば。
旨いね~ 病み上がりには染みる和のお味!

20171017220908117.jpg

サンチアゴ・デ・クーバのReebokショップ。
サンチアゴはハバナよりも物に溢れている印象。


20171017220928069.jpg

サンチアゴの街は映画のセットのようだった。
良い意味で何かチープ。



20171017220955830.jpg

カストロさんのお墓。
立派っす!
キューバ革命ファンには聖地やね。

20171017221008374.jpg

クラシックカー天国のキューバ
そのほとんどはアメリカかロシアの車、そんな中発見したPeugeot!!

美しいやー cool~ 綺麗に乗ってました。

日本へもって帰りたい1台!

キューバでいちばん惹かれた車大賞


~トリニダー~

キューバコーヒーの産地!

日本にいたらキューバにコーヒーのイメージないけどっ

注)キューバ人はとにかく甘いもの好き!
砂糖なしと頼まないと、ここまで甘くするかっと思うほどのコーヒー出されるので要注意。


20171017221030522.jpg

どうやら有名なカフェ。
おっちゃんのコーヒー旨かった。(モヒートも)

絵になるねー

20171017221422386.jpg

絵になるねー2
キューバ人のヤサグレ感は半端ない


20171017221255116.jpg

床屋! in Habana




長い間旅をお供しキューバでは数々お世話になったミポリンとはHabana でお別れ!
一足お先に日本へ

キューバの似合うおなごやった。

感謝!


Habanaの夕日


初体験キューバ

なんだろねー何があるってわけではないが面白い国でした。
まー間違いなく永住する国でない。

らしさを求めるのであれば早めに行った方が良い。

数年後どんな変化してるかなー!


これからキューバ行く方へ。

・暑い国と思って油断するべからず。
長距離バスなどは極寒なのでインナーダウン必須。

ついでにエアコンの排気は決して綺麗とは言えないのでマスク助かります。けっこう喉やられるよ。

・米は税関で没収されると噂が根強いので麺類を沢山調達していったが大丈夫だった。(そば・うどん・パスタ)缶詰めもOK 。
カンクンのTOYO foods いけば意外と揃う、納豆あるのが嬉しい。

・今のところカナダドルが最もレート良い。

・時間に余裕をもってWWW



ビニャーレス・バラデロ 魅惑の国キューバ~その2~

オンタイムではメキシコ・オアハカにいる火ノ川夫婦です。

キューバblogその2

記憶の為にキューバの訪れた街を。

ハバナin~
ビニャーレス~
バラデロ~
サンチアゴ~
トリニダー~
ハバナout

今回はビニャーレスとバラデロ編

まずはビニャーレス!


ここに来た最大の理由は乗馬。
カンクン会ったKOHちゃんおすすめの地。

乗馬ができて宿では格安でロブスターが食べれるそうな

いざビニャーレスへ!


朝いちでバスセンターに着いたがチケットカウンターのおばちゃんが仕事を拒否している(笑) 

キューバの洗礼

結論から言うとビニャーレス行きに乗れない我が一行!

そこで声をかけてきたアメリカ人のジョン。

「良かったらビニャーレスまでタクシー相乗りしないか?
私が交渉するから!目標は60CUC だ」


※1cuc =1 ドル


ナイスな提案に便乗しバスと変わらぬ金額でバスより早く目的地到着。

世界遺産の大地ビニャーレス(知らんかった)

ちーさな田舎町だがツーリストだらけ! 
観光の街なんだね。


20170830152933070.jpg

世界遺産の有名な大地。

20170830153027503.jpg

こんな中を馬で疾走するのは、たならんとです。

20170830153123458.jpg

途中カフェで一服てか一杯(笑)

20170830153159374.jpg

奥さんは馬乗りたくないので付き合ってくれたミホちゃん。

2時間のって15CUC (おおよそ1700円)


やすーーーーーーーい!

2時間世界遺産を外乗、たぶん日本なら20000円コースだな。

基本良い意味でキューバ人は適当なので好き勝手走らせてくれます。
ライダーの安全管理なんてゼロ(笑)

乗馬好きにはお勧め!

20170830154155345.jpg

インディアン洞窟だったかな?
ビニャーレスの観光名所。

そんな事よりここを案内してくれたタクシー運転手がiphone6を持っていたのにびっくり。

押し寄せるアメリカ資本。

ミホ氏の推理はアメリカに彼女いるな!との事WWW


話はもどり乗馬で満足したわたしはバラデロへ

案の定バラデロ行きのバスは3日後まで満席。

そこに話かけてきたマッチョ系タクシー運転手。

「バラデロ90cuc で送ってやるよ」

わおっバスより安い!

商談成立 宿と日時を伝え帰路へ


ビニャーレス出発の朝、嫌な予感は的中した。

待ち合わせの時間にマッチョ運転手こない。


わおー

宿の店主いわくセントロの運転手は良くないって!

宿の旦那さんが各方面走ってくれてダイレクトではないがバラデロまでの足は確保したのだが・・・

20170830162306652.jpg

途中乗り換えた車。

初めは格好良いなーと思ったが、ベンチャーシートは固いし狭いし2時間地獄、けつ痛くて寝れんかった!

しまいには到着直前によったスタンドで屋根に積んである荷物が建物に引っかかりスーツケース数個吹っ飛ぶ(笑)

ミホちゃんのも!

同乗の子はスーツケースが割れていた。
ドライバー謝らず。

これぞキューバWWW



~バラデロ~

キューバ1のビーチリゾート。

そして酒飲みにはたまらないオールインクルーシブの街

オールインクルーシブとは24時間食べ飲み放題のシステムである!(宿泊費込み)

よーは泊まり客は全てただ!

私たちが泊まったホテルは65cuc(食事のみ時間制限あり)

20170830163447069.jpg

満室だったホテルを

「私とってあげる」と笑顔で答えるツアー会社のおねーさま。

天使です。


無事なんとかチェックインして、さっそくサルー(乾杯)笑

20170830163320767.jpg

想像以上に綺麗な海

ビーチで飲んでも無料


20170830163702134.jpg

青くて透明な海。 カヤックも無料や!

人生で一番綺麗な海だった。


つづく